Lost sheep’s recording

ぼちぼち写真をあげています。

金沢に行ってきた。 ~21世紀美術館と近江町市場とその他~

 金沢編第3弾です。

写真をあげながら場所について詳細に語るとものすごく長い記事になるので、URLを散りばめておきました。気になる方はそちらから調べてください。

 

 

今回は3日目に撮影した画になります。

Lightroomでの補正はしていません。JPEG撮って出しかLightroomでの圧縮ファイルになります。

 

3日目からは1日自転車を借りて周りました。徒歩で1日回るのは無理がありました。

1日9時から18時までで900円でした。駐輪場はいろいろなところにあるので観光施設の近くであれば、大体停められます。

 

 では早速、

 

f:id:kky129photon:20190918183030j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/80[sec].

 

3日目も晴れていました。この構図は面白いですね。

 

f:id:kky129photon:20190918183131j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 320, SS 1/60[sec].

 午前中の大半は金沢蓄音器館で蓄音器とLPレコードを聴いてました。

https://www.kanazawa-museum.jp/chikuonki/

金沢は見る施設はたくさんありますが、大体撮影不可なので、施設は紹介だけになります。興味のある方は上のURLから調べてください。当ブログではあくまでも写真をあげていきます。詳しい感想を聞きたい方はコメント欄にお願いします。

f:id:kky129photon:20190918183208j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 400, SS 1/60[sec].

 近江町市場です。人——主に観光客——が多くて賑やかでした。歩いてみるとそこそこ広いみたいです。昼食でも撮ろうと思ったのですが、思いのほかお腹がすいてなかったのと混んでいたのと値段がそこそこ高かったので雲丹と帆立だけ食べることにしました。もちろん、おいしかったですよ。

https://ohmicho-ichiba.com/

 

f:id:kky129photon:20190918183244j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/60[sec].

いろいろな所で牡蠣が積みあがってました。食べようと思ったのですが。おなかの調子が終始よくなかったので遠慮しました——もったいない——。

  

f:id:kky129photon:20190918184750j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/500[sec].


上の画は、市場から21世紀美術館に向かう道中です。晴れていると緑も映えるので写真をたくさん撮りたくなりますね。

 

 

 続いて金沢21世紀美術館で撮影したものです。

 

f:id:kky129photon:20190918183406j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 800, SS 1/250[sec].

 21世紀美術館は少し撮影できる場所があります。これも展示物です。きれいに撮れそうだったので撮影しました。

 

f:id:kky129photon:20190918183505j:plain

f:id:kky129photon:20190918183444j:plain

【共通】α7M2, Distagon F2.8/25mm.

上の展示物を見た著者はコロニーの残骸にしか見えませんでした。

一応説明しますと、コロニーとはガンダムに出てくる...(以下省略)

ガンダムファンは一度訪れてみては。ちなみにこれは無料エリアにありました——展示期間は知りません。https://www.kanazawa21.jp/

【追記】9月23日までだったようです。もっと早く記事にするべきでした...。

 

f:id:kky129photon:20190918183426j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/125[sec].

 

 21世紀美術館の建物の周りにはいろいろなモニュメントがあります。以下ではフォトデータの代わりに題名をつけたいと思います——嫌な予感...。

 

f:id:kky129photon:20190918183555j:plain

少年と肺胞

f:id:kky129photon:20190918195345j:plain

血小板の作戦会議

f:id:kky129photon:20190918183704j:plain

血小板、肺胞に立ち向かう

案の定、悲惨な題名になりました。肺胞の形をしたモニュメントですが、著者が行った日はとても晴れていたのでいい感じの反射具合でした。曇りや雨だと面白みが激減しそうです。是非、晴れている日に行きましょう。

 

f:id:kky129photon:20190918195715j:plain

美しい肺胞

↑いいですよね。

 

 

f:id:kky129photon:20190918183738j:plain

f:id:kky129photon:20190918183909j:plain

【共通】α7M2, Distagon F2.8/25mm.

 上の画は能楽美術館での1枚。能楽の道具の制作過程や歴史が展示されています。

https://www.kanazawa-noh-museum.gr.jp/

下はにし茶屋街での1枚。ひがし茶屋街よりもだいぶこじんまりとしていますが、人が少ないので自転車を借りての際はお勧めです。ただ、お茶をする場合は5時ごろには店が閉まり始めるので、遅くとも4時前には着いた方がよいでしょう。

https://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot/detail_10199.html

 

f:id:kky129photon:20190918183952j:plain

f:id:kky129photon:20190918184051j:plain

【共通】α7M2, Distagon F2.8/25mm.

帰り道です。なんとなく雰囲気を感じるので2日連続で撮影です。2枚目の影の出方なんかがいいですよね。雲の散り具合も悪くないです。

f:id:kky129photon:20190918184215j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/500[sec].

 丁度良く太陽が射す通りがありました。どこでも撮影できそうですが、こういうときでないと気付かないんですよね。

 

f:id:kky129photon:20190918184238j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/250[sec].

 

 反対側を見たら、丁度自分が影になっていました。何枚か構図を変えて撮影しましたが、この画が最もいい雰囲気が出ていました。

 

 

今回はここまでです。大きいサイズの画は

http://f.hatena.ne.jp/kky129photon/%E9%87%91%E6%B2%A2/

にあります。

 

Instagramをやっています。興味のある方は是非。

https://www.instagram.com/kazuki_y_1222/

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

次回も続きになります。

金沢に行ってきた。 ~ひがし茶屋街とその道中編~

 金沢編の続きになります。

今回は、ひがし茶屋街とその前後で撮影した画をご覧いただきます。

今回は一部をの図いて撮って出しです。

カメラ設定は、ホワイトバランスが晴天——晴れだったかも——、ピクチャースタイルがビビットになります。

前回記事はバンバンLightroomで編集したため、画の様子のギャップが半端ないですが、コーヒーでも飲みながらゆっくりご覧いただければと思います。

 

f:id:kky129photon:20190915161811j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/400[sec].

 前回記事の兼六園からひがし茶屋街に向かう道中で撮影しました。

この日に限らず、旅行中はずっと晴れていて暑かったです。2日目は歩いて回りましたが、3日目以降は自転車を借りて回りました。

 

f:id:kky129photon:20190915161908j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/500[sec].

 年季の入った建物です。光と影の様子を見るとローアングルにすると面白かったかもしれません。

ひがし茶屋街はとても人が多いです。日本人だと若い人が多かったです。

外国人の観光客もたくさんいました。欧米系の方々が多かった印象です。

 

f:id:kky129photon:20190915161938j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/200[sec].

 赤い建物に柳の木でしょうか。

 

f:id:kky129photon:20190915162004j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/200[sec].

 ローアングルです。しっかりかがんだはずですが、25㎜のレンズだからかそこまで低く見えませんね。

 

f:id:kky129photon:20190915162024j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 125, SS 1/60[sec].

 脇道。縦で撮影。

 

f:id:kky129photon:20190915162046j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/320[sec].

f:id:kky129photon:20190915162107j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/320[sec].

f:id:kky129photon:20190915162153j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/80[sec].

 このアングルはいいかなと思います。右の引き戸を見ていただければわかりやすいですが、ひざをかがんで撮影しています。広角単焦点レンズで広すぎると感じるときは、壁を使ってサイドを詰めたり、ローアングルや被写体に近づいたりするとうまくいきます。

 

f:id:kky129photon:20190915162216j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/320[sec].

 宇多須神社です。ひがし茶屋街を奥に進んでいくとある神社です。

 

f:id:kky129photon:20190915164213j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 200, SS 1/60[sec].

 

 ひがし茶屋街周辺は多くの神社がありますが、歩き疲れていたのでここだけ周りました。

 

f:id:kky129photon:20190915164237j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 800, SS 1/50[sec].

 忍者がいました。後で調べると、合計3体いるそうです。

 

f:id:kky129photon:20190915164154j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/320[sec].

 なんかさっきまでと違う感じの写りだと思った方。その通りです。Lightroomを通しています。なぜかJPEGのファイルが重たすぎてアップロードできなかったので、RAWを圧縮しました。

 

f:id:kky129photon:20190915162319j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/160[sec].

 木苺の実です。

 

f:id:kky129photon:20190915162255j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/125[sec].

ローアングルです。今度は横で撮影。

 

f:id:kky129photon:20190915164835j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/320[sec].

f:id:kky129photon:20190915164816j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/200[sec].

 上の2枚もLightroomを通しています。このレンズはM42マウント用につくられた比較的新しいレンズで、2007年の春に発売されたものです。そのため、脇道の画は逆光ですが、そこまで大幅な解像度の低下は見られません。

 

f:id:kky129photon:20190915162519j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/60[sec].

今回はここで終わり。

ご覧いただきありがとうございます。

 

今回の画も下のリンクに挙がっています。

http://f.hatena.ne.jp/kky129photon/%E9%87%91%E6%B2%A2/

 

Instagramはこちらです。

https://www.instagram.com/kazuki_y_1222/

 

次回は3日目の画になります。

 

金沢に行ってきた。 ~兼六園編~

 はい、今回から予告通り金沢編です。夜景と失敗談は後にまわしますので、今回は兼六園での画をご覧いただきます。

 

 今回の画はM42マウント用のコシナ製Distagon F2.8/25㎜で撮影しました。

また、今回は、raw画をLightroomで編集しました——1枚編集したら楽しくなりました。主に露出の調整とコントラスト、それから色味の調整をしました。

 

f:id:kky129photon:20190913182325j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/160[sec]

 

f:id:kky129photon:20190913182338j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/80[sec]

 いいですよね。長年生きてきた感じのする木の感じが。まぁ、こういう木を写真に収めてもなかなかうまいこと写らなかったりするのですが...。

ちなみに、露出は-0.7に設定して、モードA(露出優先モード)で撮影してます。

絞りのデータが残らないので正しくは分かりませんが、大体F8ぐらいです。Lightroomを使用した理由としては、JPEGの画では全体的にコントラストが弱いと感じたからです。

 

f:id:kky129photon:20190913182350j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/800[sec]

 逆光だったのでかなりコントラストが落ちていたので、かなり持ち上げました。

中央下にゴーストが発生しています。このレンズは逆光に向けると大体発生します。

f:id:kky129photon:20190913182450j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/250[sec]

 ローアングルにして余計なものを少し入れて撮影すると、いい感じになったり...。

金沢は行ったときはずっと晴れていました。とても暑かったです。おかげで空はいい感じの画がたくさん撮れました。

 

以下、テキトーにばらまきます——この流れ最近多いですが、今後の記事でも多用されます。写真で気になることがありましたら、コメント欄にお願いします。

 

f:id:kky129photon:20190913182413j:plain

f:id:kky129photon:20190913182426j:plain

f:id:kky129photon:20190913182438j:plain

f:id:kky129photon:20190913182502j:plain

f:id:kky129photon:20190913182515j:plain

f:id:kky129photon:20190913182529j:plain

f:id:kky129photon:20190913182541j:plain

f:id:kky129photon:20190913182655j:plain

f:id:kky129photon:20190913182715j:plain

f:id:kky129photon:20190913182748j:plain

f:id:kky129photon:20190913182728j:plain

f:id:kky129photon:20190913182829j:plain

【共通】α7M2, Distagon F2.8/25mm.

 ずらーっと並べてみると、意図的に消そうとはしていませんが、順光逆光は少しわかりますね。

 

f:id:kky129photon:20190913182758j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/500[sec].

 こちらの1枚は、構図は悪くないと思ったのですが、逆光が強すぎてイマイチになってしまったものです。あんまり強すぎる逆光は——素人には——どうしようもないようです。

 

f:id:kky129photon:20190913182637j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/400[sec].

 なんだかツァイスっぽい写真です。何を言ってるかわかりませんが、個人的にツァイスっぽさを感じます。

 

 以下、接写です。

 

f:id:kky129photon:20190913182554j:plain

f:id:kky129photon:20190913182606j:plain

f:id:kky129photon:20190913182616j:plain

f:id:kky129photon:20190913182627j:plain

f:id:kky129photon:20190913182705j:plain

【共通】α7M2, Distagon F2.8/25mm.


 大きい木や建造物ばっかりだと、足元に気が向きませんが、下の方も撮影しがいがあるものがあったりします。

 

f:id:kky129photon:20190913182808j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 1/2500[sec].

 

 最後に花を添えておしまい。

 

今回はここで終わりです。ご覧いただきます。

 

金沢編が何回になるか分かりませんが、最後に夜景1回、失敗談1回は確定していますのでそこそこ長くなるかと...。

 

今回の画もhttp://f.hatena.ne.jp/kky129photon/%E9%87%91%E6%B2%A2/に挙がっていますが、アップロードの関係上圧縮が結構してあります。

 

Instagramをやっています。興味のある方はご覧ください。

https://www.instagram.com/kazuki_y_1222/

 

 

 

 

羽田空港にもう一回行ってきた話。

 少し間が空きました。この間に著者は金沢に行ってきました。

今回は金沢に行く前に羽田空港で撮影した画をご覧いただきます。

 

 前回は天候の影響だったりとそんなに空港っぽくない画ばかりになってしまったため、今回は空港っぽい画を撮影しました。

 

f:id:kky129photon:20190911204428j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 200, SS 1/1000[sec]

 今回は晴れていたのでよい画が取れるはずです。そんなに設定にこだわって撮影したわけでもないので、一気にご覧いただきます。

 

f:id:kky129photon:20190911204005j:plain

f:id:kky129photon:20190911204206j:plain

f:id:kky129photon:20190911204224j:plain

f:id:kky129photon:20190911204242j:plain

f:id:kky129photon:20190911204336j:plain

f:id:kky129photon:20190911204353j:plain

【共通】α7M2, Sigma AF 170-500mm F5.6-6.3 APO.

 黒いもやもやとした線が写りこんでいますが、これはワイヤーです。これは脚立でも使って撮影しない限り映り込みますのでご了承ください。

今回は離陸の様子をうまく撮影する事。それから、後ろの背景がいい感じになるよう意識しました。

 

f:id:kky129photon:20190911204412j:plain

α7M2, Sigma AF 170-500mm F5.6-6.3 APO, 180mm, F8, ISO 160, SS 1/1000 [sec].

 少し色をいじってみましたが違和感ありありになりました。色はあれですが、飛行機の主翼がいい感じに反れています。

 

f:id:kky129photon:20190911204839j:plain

α7M2, Sigma AF 170-500mm F5.6-6.3 APO, 500mm, F8, ISO 320, SS 1/1000 [sec].

 飛行機の顔写真です。

 

以下は、保安検査場を通過後のフロアから撮影した画です。

f:id:kky129photon:20190911204504j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 1/250[sec].

 雲がいい感じに散っています。

f:id:kky129photon:20190911204521j:plain

f:id:kky129photon:20190911204542j:plain

f:id:kky129photon:20190911204600j:plain

f:id:kky129photon:20190911204618j:plain

f:id:kky129photon:20190911204636j:plain

f:id:kky129photon:20190911204654j:plain

f:id:kky129photon:20190911204710j:plain

f:id:kky129photon:20190911204730j:plain

f:id:kky129photon:20190911204748j:plain

【共通】α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 1/640[sec].

 連写です。

 

 機内からも少し、

f:id:kky129photon:20190911204805j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 1/640[sec].

 

f:id:kky129photon:20190911204822j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 125, SS 1/640[sec].

 無事に離陸。

 

 

というわけで、飛行場での撮影は天気の依存率が大きいようです。機体を大きく撮影する分にはいいかもしれませんが、背景もとなるとなおさらです。

あとは、離陸の瞬間の方がよい画になりやすいことでしょうか。

 

 

今回の画もhttp://f.hatena.ne.jp/kky129photon/%E7%BE%BD%E7%94%B0%E7%A9%BA%E6%B8%AF/

にあがっていますので、大きく見たい方はご覧ください。

 

Instagramをやっています。興味のある方はご覧ください。

https://www.instagram.com/kazuki_y_1222/

 

【追記】

f:id:kky129photon:20190911204446j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 1600, SS 1/30[sec].

羽田空港第1ビルのスターバックスから。丁度出発ロビーを見下ろせるようになっていますので、撮影に持って来いの場所です。

 

 次回から金沢編です。

羽田空港で撮影したけどうまくいかなかった話。 ~その2~

 今回は夜景編になります。数はありませんのでサラッと読めると思います。

夜景編ではいつも通り、Lightroomで編集済みの画をご覧いただきます——http://f.hatena.ne.jp/kky129photon/%E7%BE%BD%E7%94%B0%E7%A9%BA%E6%B8%AF/に元の画がありますので気になる方はこちらでどうぞ。

 

 では、最初の1枚

 

f:id:kky129photon:20190905164946j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 250[sec], F8.

 現場で撮影しているともっと色が少ない感じでなんだかな―といった感じですが、編集するとこんな感じになります。

 

f:id:kky129photon:20190902142940j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 250[sec], F8.

 編集で気にしたのは、長時間露光をすると飛行機のボディが白飛びするのでそこを抑えた感じです。上の画では、250秒もシャッターを開けたため、色々なものの動きが映っています。

 

f:id:kky129photon:20190902143149j:plain

α7M2, Sigma AF 170mm F5.6-6.3 APO, 180mm, F8, ISO 200, SS 6 [sec]

 巨大な望遠レンズで長時間露光をするといろいろなブレの影響がでるので結構難しいです——望遠端だと、シャッターを切ったショックでブレたりもしました。

一気に何枚か。

 

f:id:kky129photon:20190902142801j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 246[sec], F8.

 

f:id:kky129photon:20190902143056j:plain

α7M2, Sigma AF 170mm F5.6-6.3 APO, 180mm, F10, ISO 800, SS 1 [sec].

 

 最後

f:id:kky129photon:20190902142702j:plain

α7M2, Distagon F2.8/25mm, ISO 100, SS 250[sec], F8.

 この画では、照明の部分の明るさを落としています。長時間露光なので通りすがりの人は消されております。

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 50, SS 1/2[sec].

終わり。

 

 

 羽田空港編は以上です。ご覧いただきありがとうございます。

 

Instagramをやっています。気になる方は是非。https://www.instagram.com/kazuki_y_1222/

 

羽田空港で撮影したけどうまくいかなかった話。~その1~

 はい。タイトル通りです。

あれ?夜景じゃないの?と思った方。今回は夜景はありませんので悪しからず。

 

 とりあえず失敗した流し撮りの結果をお見せしましょう。

 

f:id:kky129photon:20190902140800j:plain

α7M2, Sigma AF 170mm F5.6-6.3 APO, 270mm, F5, ISO 500, SS 1/10 [sec]

 具体的にどう失敗したのかといいますと、流すことを考えすぎたという事です。使い慣れないレンズで長く流そうとすれば、当然失敗するわけで、できるだけシャッター速度を上げて撮影した方が初心者はよいでしょう。

 

f:id:kky129photon:20190902140810j:plain

α7M2, Sigma AF 170mm F5.6-6.3 APO, 180mm, F5, ISO 640, SS 1/10 [sec]

 それから、あんまり三脚が頼りにならなかったという事です。支えてくれるものぐらいの意識で使った方がよいでしょう。横にのみ動かせる(パンができる)ビデオ用の雲台があれば活用できますが、自由雲台に付いてるものですと逆効果だったりします——水平がとりにくいという事です。きちんと滑走路と水平に設定できれば使えるかもしれません。

以下、データを省略して画のみ載せます。

 

f:id:kky129photon:20190902140703j:plain

f:id:kky129photon:20190902140606j:plain

f:id:kky129photon:20190902140722j:plain

f:id:kky129photon:20190902140738j:plain

f:id:kky129photon:20190902140749j:plain

f:id:kky129photon:20190902140844j:plain

f:id:kky129photon:20190902140835j:plain

 

 どれもこれも魅力に欠けるものばかりです。天気に恵まれなかったからと言ってしまえばそれまでですが...。

 

 

 一般に飛行場に飛行機を撮影するなら300~500㎜ぐらいの望遠は必要などと言われます——著者がgoogleで検索して拝見したサイトによる。

しかしながら、例えば

f:id:kky129photon:20190904195751j:plain

NEX-6, SEL55210, 133mm, F8, ISO 400, SS 1/1000 [sec]

こんな画とか、

 

f:id:kky129photon:20190904195732j:plain

NEX-6, SEL55210, 156mm, F8, ISO 3200, SS 1/160 [sec]

こんな画、つまり、飛行機とバックに何かを入れたい場合は、そこまで望遠のレンズでなくとも、せいぜい広角から望遠までカバーできる24-200㎜のレンズがあれば十分撮影可能です——羽田空港第1ビル展望デッキの場合。

あとは天気が良くなることを祈ればいいのです——注:上の2枚は別の日に撮影。

 

 こっから夜景の話に入ると長くなりますので、今回はここでおしまい。

次回は羽田空港の夜景です。

 

Instagramをやっています。興味のある方はご覧ください。

https://www.instagram.com/kazuki_y_1222/

上野

 少し時間が空きました。今回は国立西洋美術館に寄ったついでに撮影した画です。

本当は次回の記事と一緒にしてしまえばいいのですが、こちらの都合という事で..。

 

 

 では、1枚目。

 

f:id:kky129photon:20190902141949j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 3200[sec]

国立西洋美術館はよく行きます。特別展が変わるごとに行きます。今回は松方コレクション展でした。https://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2019matsukata.html

松方コレクションについて語ると長くなりますので、他をあたって下さい。

 

f:id:kky129photon:20190902142008j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 125[sec]

 普段35㎜をメインで使っていて、こうして50㎜を使ってみるとやはり狭さは感じます。35㎜に対して50㎜はより切り取るセンスが求められるようです。

逆に、望遠を期待して撮影すると、そうでもなかったりするので標準レンズといいつつ、上手に撮影するにはかなりの腕が必要です——iPhoneの外レンズが大体30㎜~25㎜なので、それを基準にすると中途半端に感じるわけです。

おまけに、普段使っている35㎜のFlektogonはレンズぎりぎりまで寄れるので、かなりぼかすこともできますが、この50㎜はそんなに寄れないのでなんだかね...と感じてしまいます。

 

f:id:kky129photon:20190902142026j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 320[sec]

 ただ、通りすがりにさっと撮影するスナップ写真を考えると50㎜が使いやすかったりします。というのも、35㎜のレンズで上のように撮影すると広すぎたり、被写体に寄らなくてはならなかったりとなるのですが、50㎜だと絶妙に切り取れる+ギリギリ取られている人に気づかれない距離なので自然な画を撮影できます。

上の画では、上の画では店を見て何かを買おうとしている人や会計をする店の人が程よい大きさで収まっているように思います。

 

f:id:kky129photon:20190902142055j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 250[sec]

 こういった撮影はピント・角度といった考えることがいろいろありますが、上の画ではまん中にピントを合わせています。もっとアンダーの方がよかったように思います。

 

f:id:kky129photon:20190902143714j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 320[sec]

 上の画は、Lightroomで少しいじってます。もっと広いレンズや望遠のレンズで撮影すると面白いのかもしれませんが、この画角だと不思議な安心感を感じます。

 

f:id:kky129photon:20190902142148j:plain

α7M2, Planar F1.4/50mm, ISO 100, SS 800[sec]

 不忍池のわきに咲いていた何だかよくわからない花です。奥に蓮の花が咲いているので大きく写したいところです。

f:id:kky129photon:20190902140501j:plain

α7M2, Sigma AF 170-500㎜ F5-6.3 APO , 500㎜, F11, ISO 800, SS 400[sec].

 

 そういうわけで、超望遠ズームをヤフオクで落札しました。なんと価格は2万円以下です。まぁ、色々問題はあるのでいずれ書きたいと思いますが、写りの方は悪くはない感じです。

f:id:kky129photon:20190902140547j:plain

α7M2, Sigma AF 170-500㎜ F5.6-6.3 APO, 500㎜, F11, ISO 800, SS 1/100[sec]

 丸ボケではないですが、悪くないボケです。

 

f:id:kky129photon:20190902140436j:plain

α7M2, Sigma AF 170-500㎜ F5.6-6.3 APO, 500㎜, F9, ISO 500, SS 1/500[sec].

 AFははっきりとした対象物であればどうにか合わせてくれます——かなり遅いですが...。

f:id:kky129photon:20190902142303j:plain

α7M2, Sigma AF 170-500㎜ F5.6-6.3 APO, 180㎜, F9, ISO 800, SS 1/200.

 周りの観光客の方々は鯉を見て歓声を上げてました。

 

 今回はここまでです。ご覧いただきありがとうございます。

http://f.hatena.ne.jp/kky129photon/%E4%B8%8A%E9%87%8E/に大きなサイズでアップしています。興味のある方はどうぞご覧ください。

 

Instagramをやっています。こちらもぜひ。https://www.instagram.com/kazuki_y_1222/

 

 次回は夜景編です。今度は羽田空港に行ってきました。

あんまり豊作ではなかったです...。