Lost sheep’s recording

ぼちぼち写真をあげています。

犬吠岬

  今回は犬吠岬で撮影した画を見ていきたいと思います。レンズはすべてflektogon 20㎜f2.8です。

 

f:id:kky129photon:20190815235340j:plain

 

  前回の夜景と同じ日——日付はまたぎましたが…。——に撮影しています。

早めについたので星を撮影しましたが、灯台が明るすぎてうまくいきませんでした。上の画は市街地の明かりがソフトに見えますが、これは霧の影響です。フィルターを使ったみたいですね。

 

f:id:kky129photon:20190815235359j:plain

 

 星が撮影できず、もたもたしているうちに明るくなってしまったので、他の物を撮影しました。市街地の方は飽和していますが、長時間露光のおかげで波の流動具合が撮影できました。

 四隅を見ると分かるのですが、光量落ちが激しいレンズのようです。

 

f:id:kky129photon:20190815234642j:plain

 

 だんだん明るくなってきました。

 

f:id:kky129photon:20190815234704j:plain

 

 岩の周りをうまく回り込んでいるのが分かります。

 

f:id:kky129photon:20190815234724j:plain

 

 残念ながら雲がかかって朝日も見れませんでした——リベンジの必要アリ。

 頑張ってカメラ内で強調してこんな感じです。周辺の光量落ちが激しいのですが、この画ではそれがうまく働いているように思います。

 

f:id:kky129photon:20190815234827j:plain

 

 ということで、また波の撮影です。明るくなったので、こんどはうまく止めて撮影します。望遠レンズを使って波を切り取りたいところですが、広角20㎜で撮影しました。

 

f:id:kky129photon:20190815234809j:plain

f:id:kky129photon:20190815234742j:plain

 

 周りの様子も写るので、旅行などの記録としての意味も込めて撮影するときは、広角レンズで撮影するのもいいかもしれません。うまく背景になるものがあれば望遠で切り取った方がインパクトがあると思いますが。

 

f:id:kky129photon:20190815234857j:plain

 

 はい。最後です。中央右に移っている灯台が、星の撮影を阻害したした犯人です。

星をとるなら丘の上などの方がよさそうです。ちなみに、点で撮影するのは厳しいですが、分単位で露光して軌跡として撮影するのであればある程度は撮影できました。日の出も撮れず少々残念でしたが、眠さMAXとなったため、今回はここで終了となりました。調子に乗って夜景と日の出をまとめて撮影しに行くのはかなり大変なようです——運転して頂いた人の方が大変だったと思いますが。

 

今回の画もhttp://f.hatena.ne.jp/kky129photon/に挙げておりますので興味のある方は是非ご覧ください。

 

 次回の内容は決まっておりませんが、紹介していないレンズのレンズ紹介シリーズを消化していく感じになると思います——いつ終わるのか...。

お台場と夜景

 お久しぶりです。間が長くなりました。テストやらPCトラブルやらで更新が遅くなりました。早速本題に入っていきましょう。

 今回は様々なレンズを使用しているので、文中では焦点距離のみを掲載し、レンズ名は最後にまとめることにします。なお、オールドレンズを使用した関係上、使用レンズやF値は記憶の限りとなります。

 

f:id:kky129photon:20190815234929j:plain

 

 みんなが知っている球体です。これ以上の説明はいらないと思います。駐車場の上から撮りました。レンズは25㎜のレンズだったと思います。周辺の光量落ちの激しいレンズですが、レトロ感があっていいと思います。

 

f:id:kky129photon:20190815235129j:plain

 

 はい。みんな大好きRX-0——ユニコーンガンダム——です。まさか変形ガンダムが等身大で完成するとは驚きですね。レンズは85㎜です。

 

f:id:kky129photon:20190815235106j:plain

 

 観覧車がやたら小さく見えますが、これは遠近法によるものだと思います。ただこう見るとガンダムの存在感がより強まりますね。レンズは忘れました。多分35㎜です——四隅の歪曲具合的に。

 

f:id:kky129photon:20190815234947j:plain

 

 少し歩いて横浜ベイブリッジを撮影しました。最初から夜景狙いなので三脚を持ってました。三脚で橋はかっちり撮れますが、船の残像が残ってしまいます。レンズは35㎜です。

 

f:id:kky129photon:20190815235015j:plain

 

 今度は85㎜のレンズ——多分——です。一つ前の画よりもシャッター速度を上げているので、船もそこそこ止まっています。

 

f:id:kky129photon:20190815235047j:plain

 

今度はぼかしてみました。六角形の傾向が出ています——というか出しています——が、ボケが汚くはないので悪くないと思います。このボケをどれくらいの大きさにするかで格闘しましたが、これくらいがいいかと...。

 

 

 

 続いて夜景編です。ガンダムベイブリッジで意外と時間をとられてしまい、高いところには入れなかったので——時間的に——、低いところから撮りました。

 

f:id:kky129photon:20190815235151j:plain


 バイト先の人に運転して頂いたので、どこで撮ってるのか全く分かりませんでしたが。調べてみると、晴海臨海公園の横を通っている首都高速の歩道橋から豊洲方面を撮影したようです——どっかで見たことある建物が写っているわけだ。

以降の画は全て20㎜のレンズ——このレンズの紹介はまだです...。今度やります。——でF8~12くらいで撮影しています。光源から回折の光芒が出ているのが確認できます。

 

f:id:kky129photon:20190815235212j:plain

 

 夜景と長時間露光のコラボです。三脚があるとこんな画も撮れます。ただ、車通りがよいとは言えなかったので、NDフィルターが欲しかったです。

 

f:id:kky129photon:20190815235232j:plain

 

 斜めにするとまた違った感じがします。もう少し車のラインが欲しい...。

 

f:id:kky129photon:20190815235253j:plain

 

 今度は反対側の歩道橋です。上の2枚はバックライトを写しましたが。今度はフロントライトを写しました。手前で切れている線があるのが気になります。

 

f:id:kky129photon:20190815235320j:plain

 

 今度は公園の対岸を撮影しました。海——川?——面に反射している光の反射具合を気にして撮影しました。空の雲は長時間露光に影響で躍動感があります。台風の影響か雲の動きが速いように感じました——月曜日撮影。

 

f:id:kky129photon:20190816004930j:plain

 

 孤独のベンチです。反対側にもベンチがありましたが、そちらには人がいました。転々と輝いている街灯がいい感じな気がします。

 

 今回はこの辺にしたいと思います。今回の画像もhttp://f.hatena.ne.jp/kky129photon/に挙げていますので興味のある方はご覧ください。次回は銚子の朝方の画になります。

 

 

~使用レンズ~

・Flektogon 20f2.8

・Distagon 25f2.8

・Flektogon 35f2.4

・Pancolar 80f1.8

 

pancolor F1.8/80mm その2 ~絞りとボケ~

 今回は絞りとボケ——+描写——のついてです。

その前に前回レンズの写真を貼り忘れました。

 

f:id:kky129photon:20190708211939j:plain

f:id:kky129photon:20190708211956j:plain



 

 このレンズは前回記事で述べたように,背景を上手に使わないとボケが硬い画になってしまいます。それから,80㎜となると,ピントもシビアになってきますので,その辺を今回はダラダラ考えていきます。

 

 

f:id:kky129photon:20190624225449j:plain

f:id:kky129photon:20190624225359j:plain

f:id:kky129photon:20190624225430j:plain

 

上から,F1.8,4.0,8.0——記憶上——となっています。80㎜のレンズですので,ピント部分も特別近くはない撮影です。F1.8だとボケが多すぎで何だかイマイチな気がしますが,F4.0,とF8.0だと好みが分かれそうです。立体感の強いF4.0の方が個人的には好みです。

このような撮影では,ボケの大きさと構図・立体感を意識すれば十分ですが...

 

f:id:kky129photon:20190708213414j:plain

f:id:kky129photon:20190708213335j:plain

f:id:kky129photon:20190708213356j:plain

 

 前の三枚よりも,ピント面・ボケの対象が近くなりました。

F1.8だと,印象的といえばそのようにも感じますが,一枚の画としてみると,ボケが大きすぎるように感じます。右下のボケが少々気になるところです。

F4.0では緩和されましたが,まだ大きいように感じます。

F8.0だと,大分ボケとしては小さくなりましたが,立体感を生むには十分なボケです。ピント面も広く,シャープになってます。

 このように,寄ってとるとピント面が薄く,背景もボケやすくなるので,全体のバランスが大切になってきます——後でトリミングをするなら少し話は変わりますが。著者は35㎜をメインで使っていたのでなかなかこのボケの変化にはなれません。35㎜——Flektogon——だと「ボカしたかったら開放付近でよればよい。」ぐらいのノリでよかったのですが,よりすぎず離れすぎず,絞りすぎず開きすぎずと手間が増えます。

 

f:id:kky129photon:20190708213925j:plain

 

 

 開放で撮った画です。周辺の光量落ちが明らかですが,その分中央に目を引き付けることができます。

 

f:id:kky129photon:20190708213804j:plain

f:id:kky129photon:20190708213822j:plain



 この画はピントの薄さがよくわかると思います。上の画は中央にピントを合わせたつもりですが,花全体にピントが合っていないのでぼんやりした印象を受けます。

一方下の写真は,花のおおむね全体にや葉っぱにピントが合っているので,上の画よりもよく見えます。

f:id:kky129photon:20190708213137j:plain



 開いてそうで,絞っている画。F4.0ぐらいです。もう少し明るい方がよかったですね。

例のごとく,フルサイズの画は

http://f.hatena.ne.jp/kky129photon/

にあります。

 

次回は,紹介しなかった画を投稿したいと思います。

レンズ紹介 pancolor F1.8/80mm  その1 

 pancolor F1.8/80mm です。今までのレンズよりは知名度は低めです。

このレンズはドイツが東西に分かれたとき,東側で開発されたレンズで,Tessarの発展形のレンズです。詳しいことは他のサイトに優秀なのがありますから,そちらでお願いします。

 早速,写りを見ていきましょう。

f:id:kky129photon:20190624224554j:plain

アジサイです。丁度1か月ぐらい前の写真です

 F8ぐらいまで絞ったと思います。さすがに中望遠レンズともなると開放で使えるシチュエーションはそんなになさそうです。かなりいい写りだと思います。

f:id:kky129photon:20190624224723j:plain

悪くないですが,後ろのボケがうるさめです。

 目線を下げて那須の苗が水平に写るように撮りました。構図は面白いのでこれからも試そうと思うのですが,後ろのボケがうるさめです。ピント面とボケの元がある程度,距離を持つとこのようになるようです。

f:id:kky129photon:20190624224748j:plain

上の写真のようにならないことを意識してとりました。

 大分マシになったように思われます。植物の生き生きとした感じが伝わってきますね。

 

 いつも記事が長くなるので今回はこの辺にしたいと思います。

いつも通り,http://f.hatena.ne.jp/kky129photon/にフルサイズで乗っけております。

気になった方は,次回記事をお楽しみご覧ください。

レンズ紹介 Super-Takimar F1.8/55mm

 新しいレンズの前に1本既存のレンズを記事にさせてください。

Super-Takimar F1.8/55mmです。いわゆるアトムレンズです。昔のキッド単焦点レンズといったところで,中古で10000以下で手に入れられます。

f:id:kky129photon:20190625234151j:plainf:id:kky129photon:20190625234207j:plain

 テキトーな写真で申し訳ございません。レンズの細かい話は他にたくさんありますので割愛します。

 家にあったレンズです。祖母の物だったようですが,ほとんど使ってなかったようです。きれいに残っていました。著者がオールドレンズに興味を持ったきっかけであります。散歩がてら撮影しました。

f:id:kky129photon:20190624234720j:plain

いつも通り寄りが多めです。

 アトムレンズは普通に撮ると黄色く写るとか写らないとか言われてますが,このレンズは大丈夫なようです。この画もカメラのホワイトバランス——晴れモードだったと思います——から選んで撮影しましたが,黄ばんだ印象はありません。

f:id:kky129photon:20190624234749j:plain

少し遠くから。さすがに繊細に写ってるとまではいきませんね

 中古相場10000円以下のレンズにボケの話をするのはかわいそうな気がしますが,左上の玉ボケは欠けていますね。それから,二線ボケの傾向も出ているようです。中途半端にボカすのは危険なレンズです。

 構図的にはピント面の少し手前から奥に被写体のあるように撮ったので,良いレンズだともっと繊細に写ったのかもしれません。レンズの性能が試される構図となってしまいました。

f:id:kky129photon:20190624234817j:plain

こんな感じにボカすときれいに撮れます。

 45㎝までしか寄れないので大きく寄れるわけではないですが,こんな感じでボケの対象が大きいと綺麗にボケてくれます。手前のボケもふんわりした感じにボケています。

f:id:kky129photon:20190624234847j:plain

六角形ボケが登場しました

 絞りすぎて手前がざわついてしまいました。後ろで小さく六角形のボケが表れています。

f:id:kky129photon:20190624234922j:plain

テントウムシです。ピント面は割と写ってくれます

 ズームすると分かりますが,ピント面はそこそこ頑張って写ってくれます。中央を使ってるのもあるでしょうが...。

f:id:kky129photon:20190624234941j:plain

今度は背景が広めです

 どうやらこのレンズ,グルグルボケにはなりにくいようです——グルグルボケは前回記事をご覧ください。四隅のボケが目立たない構図なのもありますが,近くのボケも遠くのボケもうまいことボカしている印象です。まぁ,じっくり見ると右端が少し硬めだったり,左下の茎が二線ボケ気味だったりはしますが,実用十分だと思います。個人的にこの緑の発色のボケは好きです。

f:id:kky129photon:20190624235014j:plain

f:id:kky129photon:20190624234957j:plain

 二枚並べました。絞り違いです。上の画左側部分はボケが流れて硬くなっている印象ですが,下の写真では少し緩和されています。ボケを不用意に多くするよりも,絞った方がよくなることもあるようです。撮ってから気づきました。

f:id:kky129photon:20190624235132j:plain

うまいこと車のタイミングを見計らいました。

 ピンクの花の写真ですが,上を少し後ろが写るようにして,色のかぶらない——なるべく明るい——色の車を写すと画に少し面白みというかなんというかが増す印象です。個人的に好きなのでよくやります。

f:id:kky129photon:20190624235244j:plain

何枚かとった内の1枚です。

 

 こういう撮影は構図・絞りと難しいです。被写体は大きく,ボケは輪郭を残しつつ,大きめにを心がけて撮りました。

 

f:id:kky129photon:20190624235318j:plain

f:id:kky129photon:20190624235342j:plain

f:id:kky129photon:20190624235400j:plain

絞り違いです。

 なかなか難しい3枚です。高いレンズだとボケが柔らかく写ってくれるので,3枚目が有利に感じますが,このレンズだとボケの硬さも考えなくてはいけないので,どうでしょう。前の写真と比べると,一番ボケが硬く感じますがおそらく露出が低いためと思われます。もう少し明るくとったら,硬さも緩和されたかもしれません。

 少し記事が重くなった感じますが,著者が記事を書くのが下手くそなのと,レンズを紹介しつついろいろ詰め込んでいるからだと思われます。今後もこの調子だと思われますので,お許しください。

写真はhttp://f.hatena.ne.jp/kky129photon/にフルサイズであがっています。+αもあがっているので興味のある人はご覧ください。

レンズ紹介 flektogon F2.4/35mm  その3 ~ボケ編~

 だいぶ期間が開きました。とりあえずflektogon F2.4/35mmシリーズを一時完結したいと思います。レンズは空白の期間に増えましたので,素材十分です——ただし,撮影済みとは限らない...。 

f:id:kky129photon:20190505032956j:plain

背景ボケが割と柔らかめです。

 柔らかいと言い切るとあれですが,悪くはないと思います。近接性能も優れているので,これは大きなアドバンテージだと思います。

f:id:kky129photon:20190505033653j:plain

発色は悪くないですね。

 さすがに空に向けている部分は固いですし、ピンと面と距離が出るとどうしても固そうになります。ただ,発色は良いので——特に赤・黄系——画としてはまずまずです。

寄れるレンズなので,小さい花も大きく写せます。ただ,腰が痛くなります。腰痛持ちの方は気をつけてください。

f:id:kky129photon:20190505033708j:plain

こういう写真はあるオールドレンズならではかもしれません。

  画面右側のボケはグルグルボケのオンパレードです。しかしながら,花の黄色,岩・土の色の出具合が良いので,画としては十分ありです。むしろ,こうしたレンズ特性ともいえる部分は,現代の高級単焦点レンズでは完璧に補正されているので,ある意味特殊といえるかもしれません。

f:id:kky129photon:20190505033010j:plain

ある程度光を与えると,いい絵が生まれる印象です。

 発色が良い。よく寄れるので,こうした撮影には持って来いです。明るい色に対して,素直に明るくとるとよく映るようです。後ろの六角形のボケは嫌う人も多いですが,個人的には悪くないと思います。むしろ,こうした明るい絵には映えているようにも思えます——中央左上の赤い六角形ボケが個人的には好きです。

f:id:kky129photon:20190505032746j:plain

狙ったわけではありませんが,雰囲気を増してくれてます。

 フレアやゴーストはうれしくないことが多いですが,上の写真では映えた例です。古い感じの路地に赤いフレアが入ったことで,夕方の雰囲気がより際立っています。ちなみに,赤いフレアはこのレンズの特性だと思われます。普通のレンズの青いフレアだったら,雰囲気が壊れていたかもしれません。

f:id:kky129photon:20190505032801j:plain

少し神々しさが増しています。

 映えたフレアその2です。

 

 オールドレンズですので,レンズ特性による問題は必ず出ますし,カメラ補正もほとんど効きません。しかしながら,こうしたレンズの特性がうまくはまると,他にはない画を生み出すことが可能です。まぁ,使い手次第といったところでしょう。ただ,マニュアル操作が増えた分,撮ることの楽しみやメカメカしさによる所有欲は満たされます——ここ大事です。

 ただ,手振れはどうにか防ぎたいところです。そこでSonyのαボディが活きてくるというわけです。

 

http://f.hatena.ne.jp/kky129photon/

ここにフルサイズでの写真が上がっておりますので,興味のある方はまじまじご覧ください。

 

次回以降は新レンズに移ります。更新日は意外と早いかもしれません。

レンズ紹介 flektogon F2.4/35mm  その2 ~夜景編~

 前回投稿から2週間がたちました。

今回はflektogon f2.4/35mmの紹介兼語りその2です。

今回は短めなので気軽にご覧いただけると思います。

嘘です。長くなりました。

前回の写真に続いて,著者が大分で撮った写真を挙げながらコメントをしていきます。

 

f:id:kky129photon:20190505033405j:plain

別府の中心地?にて。真ん中の湯気が雰囲気を際立ててますね

 まずは1枚。この写真は著者が目で見た色味に近づくように,ホワイトバランスを調整しています——勿論,撮影前にです。その為,少々暖色よりにしすぎたように見えますが,その場で感じたものを感覚で撮るのが大切でと思いますので,個人的にはいいと思います——著者の撮影は"記憶>記録"なので,写真で雰囲気が強調できるのは大切なテクニックだと思っています。この写真は下の部分——手前——が明るいので全体的に暗すぎる印象を受けませんが,

f:id:kky129photon:20190505033107j:plain

35mmだと道がより狭く見えます。

 2枚目の写真を見ると,こういった路地の撮影では35㎜だと少し広すぎかもしれませんね。50㎜ぐらいだと四隅の暗い部分が切り取れて違った雰囲気になったかもしれません。ただ、手前が暗い分,奥の明るい部分が強調されています。これはこれで,悪くはないように感じます。

f:id:kky129photon:20190505033257j:plain

電灯の光芒に注目です。

 3枚通して分かるのは、ディテールに関しては素晴らしいといえることです。建物や看板の文字がはっきりと読めるぐらい写っています。iso感度は上限1600で撮っていますので、ほぼ1600です。

 3枚目に関しては電灯の光芒が,より温泉街の古風な感じを極めてくれています。絞りが6枚羽なので光芒も6枚です。ただ,あんまり極端に絞ってとっていないので——記憶上では,F.4~8——絞りすぎると,光芒がうるさくなるかもしれません。最も,F.4~8でここまで移っていれば絞る必要もないかもそれませんが・・・

f:id:kky129photon:20190505033420j:plain

 4枚目です。この写真で注目してほしいのは下の車の天板と右の窓ガラスに反射する光です。「何故そんなところ?」と思うかもしれませんが,写真全体の構図を考えたときに,真っ暗よりも少し目が行くようなところがあった方が印象的になりやすいと思うからです。ちなみに、著者は金属に反射する光が輝く感じ——夕方の線路のレールみたいなの——が大好きです。

f:id:kky129photon:20190505033228j:plain

奥ピント手前ボケの方がよかったかな・・・

 手前の文字にピントを合わせましたが、奥のお面にピントをもっていってもよかったかもしれません。ファインダーをのぞいた感じで赤がきれいに写るので,流れで手前に合わせたようです——両方とるべきだった・・・——。

f:id:kky129photon:20190505033434j:plain

狸です。

 この構図はよかったと思います。35㎜でこれだけ切り取れていますから,もっと望遠のレンズになると,顔がアップになって背景が少なくなってしまっていたと思います——背景といっても段ボール箱が写っていますが(笑)——。


f:id:kky129photon:20190505033242j:plain

ちゃんと見えるでしょうか。

             ※明るさ最大をお勧めします。

 鎖のモニュメントのようです。一転して青がベースの画になりました。ホワイトバランスが一定だったため,少し赤みが残っています。かなり近づいて撮影しているので,ピント面が非常に薄いです。

f:id:kky129photon:20190505031149j:plain

雰囲気のある建物です

 なんだか,色味がよかったのでテキトーに撮っています。

f:id:kky129photon:20190505033621j:plain

ローアングルです

 ピント自体は黒い石板?の文字の部分にきていますが,目が行くのは左の瓦の部分でしょうか。もっと絞って両方合うようにすべきでしょうか・・・。

f:id:kky129photon:20190505033606j:plain

簾の線を残すのが大変でした。

 

 シャッター速度が1/13だったので,簾がビミョーに揺れてしまうんです。何枚か取りました。画面左の道や湯気が雰囲気を際立てています。

 

 今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

取り上げた写真はhttp://f.hatena.ne.jp/kky129photon/?にフルサイズでアップしていますので,興味のある方はご覧ください。

 次回はflektogonのボケ編です。いつになるかはわかりません。